スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

身のこなし。

猫って体がやわらかくて、たか~いところにも ひょいっ と上っちゃうし、身のこなしがなんとも軽いですよね。


実家で飼っていた猫も、よく木登りなんかして気分良さそうに バリリン♪バリリン♪ って爪とぎをしていたものでした。


友達が飼っている猫は、お隣さんの家の屋根から飛び降りて、モモンガの様に手と足を ぱあっ とオッピロゲてダイブし、見事無傷で着地したというお話を聞きました。



実家で飼っているぽんたもゴツゴツしているけど、身のこなしは比較的軽いと思うのです。


さすがに塀に上ったり屋根からダイブとかは無理ですが・・



散歩の後のいつもの光景。


庭に手水鉢があるのですが、


P氏のつれづれ日記



ぽんたはそこに ぴょーーん と飛び乗って、お水を飲む。


P氏のつれづれ日記


何度か どすっ と押したら池に落っこちるかな・・なんて悪い妄想したりしましたが、とにかくP氏(小型犬)とは違うな~と感じることが多いです。なんでもダイナミック。



例えば母親がぽんたに おまじない をかけると、


飛ぶ。


P氏のつれづれ日記





飛ぶ。


P氏のつれづれ日記



・・・何の物体??


P氏のつれづれ日記


とにかく脚力が強いのです。



瓜子、小型犬を飼うのは初めての経験なのですが、マニュアル本を読んでいると、



関節を傷めやすいから上下運動や滑りやすいフローリングの床に注意しましょう



と書いてあることがあります。


確かにしばらくトリミングにも出さず、肉球の裏にびっしり毛が生えている時とか、床でツルッとなっちゃうときもあったりで、ヒヤリとするときがあります。こういうツルッの積み重ねが、後々年取ったときとかに、人間でいう生活習慣病の様に体を蝕み支障をきたして来るのだと思います。



そんなP氏、実家でベッドからの着地に失敗して、ものすごい金切り声をあげて大騒ぎした事件がありました。



瓜子、クローゼットをあさっていてP氏から目を離していたんです。



部屋を去ろうと思った矢先に、P氏がベッドから飛び降り、



べちゃっ



て音がしました。察するに、恐らく顔から落っこちちゃったのだと思います。



すると、どこからそんな声が出るんだってくらいの金切り声で



キャイイン キャイイイイイイン キャイイイイイイイイイイイン



と鳴き続けたのです・・


あまりに鳴き続けたので、瓜子、真っ青になってしまいました。


すっごくびっくりして、遠くにいた母親と父親までもが飛んできました。


すぐさまP氏の関節をチェックし、手足を折り曲げてみても痛がる様子はなかったので、折れてはいないことを確認しました。口の中も確認しましたが、歯は折れていなく、血も出てませんでした。


打ちどころが悪かったのかな・・


P氏、あまりに痛くてショックだったのか、ずっと瓜子のお膝から離れようとはせず、縮こまってずっと抱っこされていました。しばらくの間尻尾はダルーンと下がり、明らかに憔悴した様子だったので、家族みんなで心配していました。無意味におやつを与えてみても、全然元気にならないし。


その時の様子、とてもじゃないけど写真になんか収める気持ちになれませんでした。


こんなこといったら子持ちのママさんに怒られるかもしれませんが、



犬と子供って、似ていませんか?



ちょっと目を離した隙に変なもの口に入れようとするし、


今回のようにベッドからの着地に失敗して、あわや惨事につながる危険性だってあります。


小型犬の中でもビションは比較的足がごつくて骨格がしっかりしている方ですが、例えば体重が2キロくらいのチワワやトイプードルの小さい子なんかだと、椅子から落ちただけで骨折なんてこともあり得ますよね?


瓜子ね、小型犬がこんなにもろいとは思っていませんでした。


P氏の金切り声、あんなのもう聞きたくありません。胸が締め付けられる思いでした。


だからこそ、飼い主がしっかり見ていてあげなくちゃいけません。


子供を見守るような、そんな気持ちで・・



今回の事件があった瓜子の部屋。


P氏のつれづれ日記


ベッドしかありません。非常に殺風景。P氏のパンツが落ちてるし!


ランキングに参加しています。

よろしければ、最後にぽちっとお願いします★

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2010/01/10 11:33 ] 実家 | TB(0) | CM(7)

1 ■分かります

こんばんは。
毎日、ブログ楽しませてもらってます♪

P氏、大変でしたね…(+_+)
瓜子さんもビックリされたことでしょう。
ウチの子もベットから飛び降りて着地した途端、キャイーン!!!キャイーン!!って鳴いた事がありました。
鳴いた後瓜子さんのご家族がやられたように、脚を引っ張って間接を伸ばしてみたりして。
ジーンって骨に響く痛さだったのか、何とも無いようで、歩かせてみたら復活してました……

あの声を聞くと、私も血の気が退きます。
ほんと、子供と同じだと思いますよ。
口が聞けない分、良く観察してコミュニケーションをとってあげなきゃって思ってます。
[ 2010/01/10 22:52 ] [ 編集 ]

2 ■Re:分かります

>がんもさん
コメントお久しぶりです♪

金切り声をあげた際は本当にびっくりで、

「骨、やったな・・」

と真っ青になりました。

同じことがありましたか。ミュウ君ですか?
ベッドも高さはそんなにないはずなのですが、着地に失敗したのでしょう。とにかく高いところからのジャンプには気をつけたいと思います(うちにはベッドくらいしかありませんが)。
[ 2010/01/10 23:53 ] [ 編集 ]

3 ■無題

私の友人は 子供より犬のが・・・と 言いますよw
にくまれ口たたかないし 一生傍で暮らしてくれるし

ぽんたさん おっそろしく身のこなし軽いですね♪

ビションは関節強いですよ~・・小型の割にですがw
ただ ヘルニアはどんなわんこでも起こすのでベットからの飛び降りはお勧めできません・・・階段つけたほうがいいかと

ちなみに うちの子は 登り降りはだっとという姫様気質ですw
[ 2010/01/10 23:55 ] [ 編集 ]

4 ■Re:無題

>にあのすけ&沙織姫さん
うちの母親も「断然犬でしょっ」といった感じです。

ヘルニア・・

やはり階段設置をお勧めされますか。ちょっとどうするか考えてみます。というのも階段、今では設置しても使用してくれないのです(TωT)

このままではいけないっ!!柵をつけようか・・どうしよう。

にあちゃん、姫様気質ブラボ~です。
[ 2010/01/11 00:09 ] [ 編集 ]

5 ■無題

あははははw

自分の親に聞いちゃいけない質問ですよw

実は 沙織さん腰部の骨変形もあるんです・・・
彼女もジャンプ控えさせていたんですけれどね・・

ジャンプに慣れちゃうと「階段なんてしゃらくせいッ」って感じで 飛んじゃいますよね・・・


今日 シェルのめやに取ったら「きゃ・・・きゃ~~~~~~~~」って 叫ばれました。
何もしてないのに 真っ青w
[ 2010/01/11 21:22 ] [ 編集 ]

6 ■Re:無題

>にあのすけ&沙織姫さん
めやにも慣れですね。悲鳴をあげるとは・・

沙織ちゃん、えええ~~
腰部に変形骨ですか。痛むのですか?

気を付けてみてあげないとだめですね、ほんと。
[ 2010/01/12 01:05 ] [ 編集 ]

7 ■運動神経

動物って本当に運動神経いいよねー。
彼らがオリンピックに出たらメダル総占めですよ。3日ほど前から猫が自動給餌機の蓋を
開けられるようになりました。
一部始終は見てないのですが、餌がすっからかんになってました。
動物が開けられないような設計になってるはずなのですが、動物も結構器用ですね。
[ 2010/01/12 12:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urikop.blog21.fc2.com/tb.php/76-4d6c1e38









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。