スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猫の交通事故、どうする。

一部、猫の可哀想な表現が含まれます。動物のそっち系のお話が苦手な方は、見ないほうがいいかもしれません。すみません。

猫の交通事故、どうする。 (1)



続きは追記からどうぞ。



クリック、励みになります(^^♪
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
この間のモフキャンへ向かっていたときのこと。





高速降りて一般道を走っていた。





住宅が立ち並ぶ田舎道。








カーブを曲がると、あれれ、道路を前方の車2,3台が迂回して走ってるんですよね。


道のど真ん中に荷物でも落っこちてるのかな、と思ったら、







そこにいたのは轢かれた猫。








しかもまだ生きてる。


上半身で必死に立とうとしてる感じ。下半身はもうダメな感じ。







う うわぁ~ と思って、わたしも迂回した。







どーすんだコレと思いながら。9月中旬とはいえ、道路はジリジリと日差しが差し、しかも車が行き交うこんな場所で、放置?いや、こんなの酷すぎる








数メートル進んで、いやコレ、この事態、







放っておけないよ~~~~






と思い、急遽Uターン。


公民館みたいなところに車留めて、猫を見に行く。ダメかもこの子、虫の息かも。。







でもこの子、まだ生きてる・・!







上半身で一生懸命動こうとしてるんですよ。下半身は完全に動いてない。吐血し続けてる。交通事故か。。どうする。車通るし、とりあえず道端に避けてあげよう。と思い、トイレシーツに包んで猫を捕獲し道端へ避難させる。








ああ、どうしよう、そうだ、動物病院だ。








タイムリーに佐川急便のお兄さんが通りかかる。この辺詳しいとみた。動物病院、ありますか?と聞くも、「わかりません」と一言。ご近所さんらしき歩行者にも聞いてみたが、同じ返事。







ああ、早くどうにかしなくちゃ。どうしよう、と思い、土地勘ないのでアイフォンで調べる。








が、近くにない・・・





田舎過ぎてスーパー、コンビニすら全然ない場所なので、動物病院もすんごい遠くて。でも、間に合うかな。P氏のドライブボックスのダンボールに包めば連れて行けるかも。






とモタモタしてたら、猫、息を引き取った







ああ、死んじゃった・・・







ごめんね。







首輪もしてない猫だったので、野良かもしれないし帰る家があったのかどうかすらわからないけれど、・・猫ってさ、帰属本能があるんですよ。というのは、昔々、うちで飼ってた猫、餌付けしていた猫、どの子も半身不随の事故とかに合っても、必ず帰ってきてた。それを思うと、この子も最後に会いたかった人、帰りたかった場所があったのかな、なんて思って。それを思うと不憫で不憫で、最後の人間がいち観光客のわたしでごめんねって感じで。






その後、死体をどうしようと思い、とりあえず警察に電話してみた。この日土曜日だったので、たぶん役場や保健所はお休みだろうと思って。どこに電話したらいいのかわからなくて、すがる思いで警察へ。





ちゃんと対応してくれたのですが、やっぱり警察は管轄外みたいで、道路管理局(課?)へ引き継いでくれました。途中、別の人から電話を受けた役場の職員が通りかかる。なんだ、休日でも役場やってるんだ?地域により、夜間休日窓口みたいなのもあるから、こういったケースの場合は役場に電話するのが一番良いと思う。





なぜなら地域により、処理の業者が違うから。清掃会社が処理する地域もある。けど、土地勘ない人にはそんなのわからないから、役場にお任せするのがスムーズ。もしくは保健所。ってのは後から調べて知ったこと。





思いのほかこんな事故に遭遇し、可哀想でショックで、自分があまりに無力で、猫が不憫で、嗚咽漏らしながら鼻垂らしながらその場を後にしたのですが、今後、出掛けるときは動物病院調べてから現場へ向かおうと固く誓った。うちの子も何があるかわからないし。






ところでうちの子はその間車に放置され、終始パニック状態であった(´`)=3

猫の交通事故、どうする。

ごめんね、P氏。わたしひとりだったから。






皆さんが今後、もしもこんな事態に遭遇したら、そして介抱しようと思い 立ち止まったならば、そういや瓜子がこんな話をしてたっけ、と思い返してもらえればと思います。。






クリック、励みになります(^^♪
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/09/29 07:00 ] 日記 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urikop.blog21.fc2.com/tb.php/630-f159a5b1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。