スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

車克服トレーニング

P氏は車が大いに苦手である。




いや、苦手であった、と言いかえようか。





というのも、宝塚から帰ってくる際、約9時間の長時間ドライブ中、P氏は一度も吐かなかったのですよ。



宝塚-茨城間 帰路時の車中

車克服トレーニング (4)


お犬様スポットはかなりの荷物でごった返してるんだけども(笑)



吐かなかったどころか、車に乗せてもポタることなく、車中のお犬様スポットにて早々とスヤスヤ寝始める始末。




車で寝るのは、かなり良い兆し。






この域に到達するまでに、





日々、車に意味もなく乗せてみたり、

車克服トレーニング

(車中でのP氏の定位置は、段ボールときた。みすぼらしいぞ、という突っ込みは置いといて、狭い所が落ち着くみたい。)




時には5分ほど近所をくるっと周遊してみたり、




はたまた車中でご飯を与えてみたりと、

車克服トレーニング (3)



ちょこっとずつ、トレーニングなるものをしていったわけであります。






やっぱり車って、慣れなんだ、と思いました。




P氏は今年で4歳になります。大人になってからも克服、可能ですね。P氏が身を以って確かめました。



ただし、コンスタントに車へ乗せ続けること。ご褒美とか与えつつ、犬が喜ぶスポットへ連れだし、とにかく車と楽しい思い出を結びつけること。植え付けることが大切。



・・そういえば、こんなの犬の躾の基本の「き」ですよね。繰り返して、上手く出来たらご褒美を与えるというこのフロー。基本じゃないの。






つくづく思うんだけど、何の変化もない日常の中で、未だにP氏の行動には驚かされることばかり。そして、頬が緩みっぱなし。


でもって、大人になった今でも、こうして成長を見せてくれる。こういう進歩、瓜子としては、すんごく嬉しいわけ。






え?親バカですか??






いいの いいの



肉球の上で転がされる人生ってのも、悪くない。

車克服トレーニング (2)



いつも応援、ありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/07/29 23:26 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urikop.blog21.fc2.com/tb.php/383-688c5b58









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。