スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家の復旧


地震があったとき、瓜子は茨城に居たのですが、水戸駅から家に帰る間、家は無事だろうか、潰れていないだろうかと心配しながら帰ったことを覚えています。





余震が酷くて、余震の度に電信柱とか建物がグラグラ揺れるのがめちゃ怖くって、車の中ですら母親はパニックになっちゃっててさ。隣でP氏は車酔いして吐き始めるわ、んで自分はすかさずゲロキャッチ、そしてまた余震、、と非常に慌しい車中。






やっとこさ家へ到着したらさ、外壁がものの見事に倒壊していて、びっくりしたんだよね。

我が家の復旧 (6)




うちの表札がひっくり返っちゃってたのが、なんか無性に虚しかった。

我が家の復旧 (2)





家の中もね、ダイニングが一番凄まじい程に荒れていて、割れた食器を片すまで犬たちは中には入れず。





そんな中、避難所へ非難する勧告が出てさ。





この子達を置いて、行けるかっての。いや、行けない。行けるはずがない。

我が家の復旧 (5)






が、水が出ない。電気もつかない。ガスも止まってる。。






・・そんな中、近所の湧き水スポットへ水を汲みにいったんだよね。

我が家の復旧




Kトラも役立ちました。

我が家の復旧 (4)



水がなかったら、きっと避難所へ行っていたかもしれない。






で、幸いうちには釜戸があるので、お湯を沸かすことが出来たんだよね。風邪気味であった父親に湯たんぽをこしらえてあげて、夜は家族みんなでカップラーメンすすりながらのキャンドルナイトディナー。

我が家の復旧 (7)






一夜あけてから、屋根の復旧作業を母親と共にしました。





瓦のてっぺんが落ちちゃって、所々瓦が剥がれちゃっていたので、ハシゴを使って屋根へ進入。この時の母親の後ろ姿、小さい機敏なおっさんみたいで、とっても頼もしかったことを覚えています。

我が家の復旧 (3)





見守るぽんた。黒くてわかりずらい。

我が家の復旧 (1)






トイレはどうしていたのかというと、実はうちにはぽっとん便所が離れにあるので間に合った。





今でも実家は水が止まったまま。だけどね、うち、井戸水があるんですよ。だからシャワーも浴びることが出来る。






釜戸、ぽっとん便所、井戸水






今、母親はこれらを三種の神器と言っている。






いやしかし、地震の後の母親、とても逞しかったし、朝から晩までよく働いた。






そして、いつでも前向きで明るかった。






その背中を見て、瓜子もあなたの様に、いつでも逞しくあります、と胸に誓ったんだ。






あ、P氏もぽんたも、元気みたいです





早く迎えに行ってあげないと。。




いつもありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/03/20 23:26 ] 実家 | TB(0) | CM(10)

瓜子さん、 しばらく更新がなかったので 気になっていましたが・・・ 

それにしても ご実家も かなりの被害ですね。
でも お母様、瓜子さん、 ご立派です! たくましいです!

”三種の神器”・・・良かったですね。
どうぞ 引き続き 体調にも お気をつけくださいね。
[ 2011/03/21 05:37 ] [ 編集 ]

なんか写真を見ていて文章を見ていたら本当に
無事で良かったって思った瞬間 涙が・・・・。
釜戸 ぽっとん 井戸 改めて昔の人たちが残してくれた
いい物やったんですね。

風邪気味のお父さんは大丈夫ですか??
まだ寒い日があるみたいなんで体調に気を付けてください・・・。
[ 2011/03/21 09:28 ] [ 編集 ]

このブロックはあちこちで崩れてるの見かけます。
三種の神器があるとは、すんばらしいです。+頼もしい母上。

震災の夜はラジオと共に冷ゴハン・・ガス漏れしてるから火は使うなとIBCが連呼してたので、石油ストーブがあったのですが使いませんでした。
翌日は寒かったのでストーブつけて煮炊きしてホクホク気分。
水戸は全て早い復旧でよかったけど、ひたちなか・那珂はまだ水道が出ないもんね・・。茨城町は今日から水道復旧とかなんとか。
今頃P氏ちゃんは、ぽんたっぽくなってると思います。野生児。

うちのネコは、本震直後の余震が続く中、居眠りしてました・・。
多分本震のときも寝てたんだと思う。
[ 2011/03/21 15:20 ] [ 編集 ]

やはり、ご実家の方は被害に合われていたんですね・・・

でも、瓜子サンの実家・・・

スゴイですぅ

ライフラインが断たれても、最低限なんとか暮らしていける
三種の神器・・・素晴らしいデス

そして、このブログセンスにも私の心はわしづかみです

悲惨な状況・環境報告のブログなのに、
瓜子サンならではの、心がホンワリ暖かくなるような・・・

ありがとうです



[ 2011/03/21 20:12 ] [ 編集 ]

おかあさん、強し

大変な中で
小さい機敏なおっさんのように
(↑この表現に笑ってしまいました)
瓦をなおし、
つらい状況の中でも
「三種の神器」とユーモアを交えた
表現をしちゃうお母さん。
なんだかとっても頼もしいです。
うちのお母さんもちいさくて
年々背が縮んでる疑惑があるので
なんだか瓜子さんのお母さんに重ねてしまいます
どんな時も家族で一番前向きなのは
うちもやっぱりお母さんだなぁ~、と思いました

P氏、ご実家に預けてはるのかな?
早く会いたいですね。

[ 2011/03/21 20:17 ] [ 編集 ]

瓜子さん、大変でしたね・・・
でも無事でよかった。

こういう震災があって、自分が今まで何も備えがないことに気づき、さっそく防災グッズを人用と犬用作ってます。
避難所とかはやっぱりワンコ一緒は無理なのかしら・・・
と考えると、すごく不安になります・・・

それにしても三種の神器!
母、強し!!

オール電化とかはやってますが、昔のものはすごい!!
[ 2011/03/21 20:43 ] [ 編集 ]

大変でしたね・・・


しかし 普段 畑などで 自然と接している人は 天災に強いですね
壊れたら 直せばいい!

そりゃそうだけど やっぱ 現代っ子(?)は しょんぼりしちゃいますもの
見習わなければ!
3種の神器 すばらしいですね!
かまど欲しいなあ~・・・


[ 2011/03/21 21:49 ] [ 編集 ]

前回のブログを見てその後どうしたのかとても心配でした。
茨城も被害を酷い被害を受けてしまったとは聞いてましたがここまで凄いとは知りませんでした。とにかく皆さん無事で良かったです。
復旧最中の母親の存在は偉大ですね。いつも明るく、前向き、暖かい思いやりを持った母親は本当に尊敬してしまいますね。(私の場合、親元から離れて暮らし始め特に感じましたね。)私もそんな逞しい女性になりたいです。
瓜子さんのご実家、釜戸、ぽっとん便所、井戸水(ご先祖様に感謝?きっと守られてますね!)があるなんて素晴らしいですね。実家が恋しくなるのがよく解ります。
[ 2011/03/21 23:26 ] [ 編集 ]

三種の神器、まさにその通りですね!!
大変な状況でも、神器のお陰で生活が出来る。
Pensukeさんのコメントにもあるように、昔生活ができるように
神器を残してくれたご先祖さま、見守ってくれていますよ。
軽トラにわき水スポットもあるのは心強いですね。
そしてお母様も瓜子さんもたくましいです☆
お体には十分気をつけてくださいね。

[ 2011/03/22 17:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>C&C+YOKOママさん
仕事が忙しすぎて更新滞りました。ご心配をお掛けしました。

母親が、本当に逞しかったです。なぜあの状況下で、即座にパッパッとやるべき事が思いつくかな、と。不平不満垂れずに、せっせと前向きに復旧作業出切るかな、と。いや、誰しも本当はそうあるべきなのかも。。だけど、甘ったれのわたしは、ただただ呆然としちゃうわけですよ。情けないけど。

家族と一緒だったから、意外にサバイバル生活、明るく乗り切る事が出来ました!三種の神器、大活躍です。

>久美さん
父親の体調は、超不絶調でした・・!けど、今はちょっと元気になってきました。体を温めてあげることが出来て良かったです。昔のモノ、舐めちゃいけませんね。不便でアナログでメンテも大変ですが、やっぱりこういうときに頼りになる。大切にしていきたいです。

>ともみんさん
ブロック塀は、どこでも倒れていましたね。けど、蔵は相当古いのに意外に崩壊していませんでした。斜めに傾いちゃいましたけど・・。茨城、建物は意外とあまり倒れていないんですよね!地震の後、水戸を通ったら、電気が復旧していてびびりました。うちみたいな過疎地には、電気、まだこないのか・・と。P氏は野良ビションになってます。

猫さん、そんな姿に癒されちゃうんですよね。あっこ姉さんはご無事でしょうか?

>ショコリーゼさん
うちは幸い内陸だったので波の被害はなかったのですが、やっぱり揺れはすごかったみたいで、いろいろ壊れちゃいました。けど、壊れただけなので、直せばいいです。三種の神器には、頭が下がります。母親のど根性魂、これにも感服でした!

>pururin0602さん
どこの家庭でも、お母さん、強し!ですかね。こういう親の背中、見習いたいです。停電のときはわたしちょっと心細くなっちゃって、いつまでこの生活が続くんだろう、東京へは戻れるのか、仕事はどうする!!と、どんよりしていたのですが、ローソクに火を灯すと母親が、「わあ、キレイ」なんて乙女チックに言ったりするから、またすかさず突っ込んだりして、なんか不思議と楽しく過ごせました。あえて明るく振舞っていたのか、それとも素か。真相はわかりませんが、自分もこういう人間になりたいな、と久々に思いました。

>アイマミーさん
うちでは地震のあと、オール電化じゃなくって良かったね~なんて言ってます。まあ、電気の復旧って一番早いのでなんとも言えませんが。。昔のアイテム、あなどれません。 アイマミーさん、ご実家は東北ですよね?今、本当に辛いときだと思いますが、希望を捨てずに前向きに乗り切っていただきたいです。人間には、底力ってもんがあります。希望が、底力を突き動かすんだと、信じてます!頑張りましょう。

避難所、わんこは無理なところとOKなところがあるみたいですね。そういったリストのようなものも、予め調べておいた方がよさそうですね・・

>にあさん
そうなんです。野良仕事している人間は、本当に強いです。泣かない、悲観しない、喚かない。ただ、もくもくと働く。+ユーモアあり(うちの母親)。すげーや と、思いました!釜戸で炊くご飯、おいしいですよ☆

>Pensukeさん
違う意味で、只者じゃないとは思っていたけれど、本当に只者じゃなかったです、母親。尊敬できる親を持つ事が出来て、自分は幸せ者です。

ご先祖様に守られているのかな。。三種の神器、こんなの置いてる家、あんまりないですよね。東京の人に言ったら、笑われちゃいました。

>うのままさん
崩れかけた蔵から自分の背丈の3倍以上はあろうハシゴを担いで出てきた母親、Kトラを乗り回して湧き水汲みに連れて行ってくれた母親、その姿は本当に、小さな頼れるおっさんそのものでした。+神器のお陰で、家族みんな前向きに過ごす事が出来ました。ご先祖様にも、感謝ですね。
[ 2011/03/23 23:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urikop.blog21.fc2.com/tb.php/336-0781441c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。